敏感肌でお悩みではありませんか?もしあなたが化粧水がしみるような敏感肌なのだとしたら、近い将来普通肌の人よりもシミやシワができる可能性があります。
いつまでもその敏感肌を放っておかず、今すぐ改善することをおすすめします。

敏感肌だとシミ・シワができやすいって本当?

敏感肌だとシミ・シワができやすいのは本当です!

敏感肌だとシミやシワができやすいというのは本当です。そのメカニズムは次のようになります。

ストレスや睡眠不足により、皮膚温が低下する。

皮膚温が下がると、肌のバリア機能が低下する。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激を過剰に受けやすくなる。

ストレスが溜まったり睡眠不足が続いたりすると、お肌がいつもより敏感になると感じたことはありませんか?たとえば、いつも使っている化粧水がしみたりアレルギーのような症状が出てしまうような状態です。
もし、このような状態になっていたら、それはれっきとした敏感肌です。そこまでいかなかったとしても、ストレスや睡眠不足でメイクのりが悪かったり乾燥肌だと感じる時は、敏感肌の時と同じように紫外線などの外部刺激を受けやすい状態になっています。

これは、ストレスや睡眠不足により血行不良になり、皮膚の隅々まで血液が行き渡らなくなるために起こります。

敏感肌だとシミ・シワができやすい

血行不良になり皮膚温が低下すると、健康な角質層を生み出す鍵となるタイトジャンクションの働きが悪くなり、肌のバリア機能が低下し外部刺激を受けやすくなってしまうのです。

敏感肌だとシミ・シワができやすい

外部刺激を受けやすい肌は、角質層がスカスカの状態になっているため、肌内部の水分が蒸発しやすく乾燥肌になってしまいます。また、スカスカになっている部分から外部刺激が入り込み、炎症の原因になってしまいます。
炎症はそれ自体も肌のコラーゲンを破壊してしまいますが、紫外線などの外部刺激が入り込むことによりコラーゲン破壊がもっと加速し、シワやたるみになってしまいます。

敏感肌だとシミ・シワができやすい

その結果、敏感肌とそうでない肌の人とを比べると、同じ年齢でも見た目年齢の差が11歳も広がってしまいます。

なぜ敏感肌だとシミができやすいの?

敏感肌だとシミができやすい理由は2つあります。

かゆみに負けて掻きむしってしまうから

敏感肌では赤みや痒みを発症しますが、そのかゆみに負けてつい引っ掻いたり掻きむしってしまうことが多いかと思います。すると、皮膚は防御反応を起こしてメラニン色素を放出します。
これが慢性的になってくるとメラニン色素がどんどん溜まり、炎症性色素沈着というシミになります。炎症性色素沈着は、傷あとやニキビ跡などと同じ種類のシミになります。

紫外線ダメージを受けやすいから

敏感肌で肌のバリア機能が低下していると、ほんの少しの紫外線でも大きなダメージを受けやすくなります。紫外線を浴びて肌色が黒くなることを『日焼け』と言いますが、これは太陽の光で『皮膚が焼けて』ヤケドの状態になっているという意味です。
たとえば、乾いた紙と湿った紙の両方に火をつけると乾いた紙の方がだんぜん燃えやすいように、肌も潤った肌よりも乾燥肌の方が焼けやすく、紫外線ダメージを受けやすいです。
強い紫外線ダメージを受けると、メラニン色素が増えてシミになりやすくなります。このようなシミになるのを防ぐためには、なるべく早く敏感肌を改善することが大切になります。

なぜ敏感肌だとシワができやすいの?

敏感肌だとシワができやすい理由は3つあります。

  • 乾燥による小じわができやすい
  • 炎症によりコラーゲンが破壊される
  • 紫外線によりコラーゲンが破壊される

敏感肌でバリア機能が低下すると、角質層がスカスカになり肌内部の水分が蒸発していきます。すると乾燥肌が進んでいき、ちりめん状の乾燥小じわができてきます。
目の周りや口まわりは特に小じわになりやすく、乾燥が進むと頬などにも小じわがあらわれてきます。乾燥が原因なので保湿をすればおさまりますが、保湿がしっかりできていないとかなりシワシワになり目をそらしたいほどになってしまいます。

乾燥小じわよりも深刻なのはコラーゲンが破壊されることによる真皮のシワです。真皮のシワは一度できてしまうとどんなに保湿をしてもすぐには改善されません。
コラーゲン破壊が原因なのでコラーゲンを再生したり増やしたりしないとシワが戻らないのです。こうなると本当に厄介です。

敏感肌だとシワができやすい

よく肌の生まれ変わりであるターンオーバーサイクルは28日と言われますが、これは表皮の話です。コラーゲンがある真皮の皮膚は全てが入れ替わるまでに早くて2年遅くて6年かかると言われています。
10代や20代の若い人でも2年はかかります。30代や40代以降の人では一度壊れたコラーゲンが改善するまでには、気が遠くなるほど長い年月がかかります。そうなってから後悔しないためにも、もし敏感肌だったら早めに改善したほうがよいでしょう。

敏感肌になる3つの原因

敏感肌になる原因は以下の3つです。

ストレス

ストレスは自分では自覚がなくても溜まっていることがあります。気持ち的にはそうでなくても、過労や激務なとで体が悲鳴をあげている時もストレス性の敏感肌になりやすいです。そんな時はしっかりと休養を取ることが大切です。
また、人間関係の悩みや将来の不安などを抱えていたりするとストレス性の敏感肌になりやすいです。時にはゆったりとリラックスする時間を設け、自分を甘やかしてあげることも大切になります。

睡眠不足

睡眠不足は乾燥肌から敏感肌になりやすいです。お肌のうるおい成分は夜の睡眠中に自分の肌の中で作られますが、睡眠不足になるとうるおい成分の生産量が減り乾燥肌になりやすくなります。
睡眠不足の翌朝にメイクのりが悪いのは、まさにこういった現象です。慢性的な睡眠不足が続くと抵抗力がなくなり敏感肌になってしまうので、しっかりと睡眠をとるよう心がけましょう。

乾燥肌

乾燥肌が続くと敏感肌へ移行することが多いです。特に冬の乾燥は激しいためしっかり保湿をしないとあっという間に敏感肌になってしまいます。
目の周りが乾燥してパリパリしたり口元に粉が吹いたりしていたら赤信号です。今すぐ改善しないと本当にあとで後悔することになってしまうので気をつけましょう。

敏感肌の人が気をつけるべきスキンケアとは?

敏感肌の人が気をつけるべき3つのスキンケア

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 保湿クリーム
敏感肌の人が気をつけるべきスキンケア

クレンジング

クレンジングは、メイク汚れという落ちにくい汚れを落とすということ自体がそもそもとてもお肌に刺激を与える行為です。そのため、敏感肌の人は極力洗浄力が弱いクレンジング料を使うべきです。
もしオイルクレンジングなどの洗浄力が強いものを使ってしまうと、脱脂力が強すぎて敏感肌がますます悪化してしまいます。クレンジング選びはとても重要なので、以下のことを参考にしてください。

洗浄力が強いもの⇒オイルクレンジング・拭き取りクレンジングシート・リキッド

洗浄力が中程度のもの⇒クリームタイプ・ジェルタイプ

洗浄力が弱いもの⇒ミルクタイプ

敏感肌の人はミルクタイプのクレンジング料を選ぶようにしましょう。

洗顔

次に洗顔ですが、敏感肌の人は朝の洗顔はぬるま湯だけで洗い流すようにしましょう。無理をして洗顔料を使うと、乾燥が激しくなり敏感肌が悪化してしまいます。
また、夜のクレンジング後の洗顔は敏感肌用のマイルドな洗顔ソープを使い、なるべく短時間でさっと済ませるようにしましょう。

保湿クリーム

敏感肌の人は化粧水がしみて使えないことがあります。この状態だと敏感肌がかなり悪化してしまっている状態なので、とりあえず保湿クリームのみを使うようにします。この時の保湿クリーム選びはとても重要です。
敏感肌では肌のバリア機能が壊れているため、このバリア機能を即座に戻す効果のある成分が必要となります。
その成分はセラミドです。セラミドは肌のバリア機能を守る細胞間脂質のことですが、敏感肌ではこのセラミドの量が極端に減っているためさまざまな炎症が起こります。
また、セラミドには植物性セラミドや類似セラミドなどを含めいろいろな種類がありますが、敏感肌に一番効果的なのは人型セラミドです。
人型セラミドはその名の通り人間がもともと持っているセラミドと全く同じセラミドです。他の種類のセラミドよりもピタッと肌になじむため、即座にバリア機能を取り戻し敏感肌を改善の方向へ向かわせてくれます。

敏感肌だとお肌が糖化(=老化)しやすくなる

敏感肌だとお肌が糖化しやすくなると言われています。糖化とは、肌のコラーゲンが糖と結びつくことにより、ハリを失ったり茶褐色になってしまうことです。
加齢とともに肌にハリがなくなったりくすみが強くなってくる原因は糖化によるものが大きいと言われています。糖化とは、わかりやすいところで言うと『ごはんのおコゲ』です。

敏感肌だとお肌が糖化(=老化)しやすくなる

白いごはんと比べると、おコゲは茶色く固くなっています。お肌の糖化もこれと同じように肌が茶色く固くなります。これにより、シミ・シワ・くすみが目立つようになってしまいます。
敏感肌ではバリア機能が低下することが原因で、普通肌の人よりも糖化しやすくなると言われています。糖化は真皮の問題なので、一度なってしまうと回復するのに2年から6年かかってしまいます。
その間にも悪化してしまわないよう糖化ケア対策をしっかりと行った方がよいでしょう。

敏感肌のシミ・シワ・糖化を防ぐおすすめスキンケア

敏感肌のシミ・シワ・糖化を防ぐおすすめのスキンケアがあります。それは、ポーラ・オルビスグループから敏感肌用ブランドとして立ち上げられた『ディセンシア』のアヤナスです。
人型セラミドを超えるセラミドナノスフィア(人型セラミドの20分の1の大きさ・4倍の浸透力)の力で肌のバリア機能を即座に戻し、敏感肌のケアだけにとどまらず、敏感肌でなりやすい糖化ケアまでしてくれる唯一のスキンケアです。

今なら10日間分のトライアルセットが半額の1480円でお試しできます。敏感肌で悩んでいる方にこれ以上おすすめのスキンケアはないかもしれません。