目元がたるんでいると、顏が老けて見えるのでなんとかしたいパーツですよね。目元のたるみを何とかしたけど、どんどん垂れていくって人も多いはず。
目の下がたるむ原因を理解して、少しでも解消できるようにケアしていきましょう。

目の下がたるむ原因とは

目の下のたるみの最も多い要因は老化現象であるとされています。目の周りの筋肉が弱体化していくケースが最大の要因となっております。
筋肉の衰えの影響を受けて、目の周りの肌、脂肪といったものが重力に影響されて下がってしまうことになります。
もとから装備されるヒアルロン酸やコラーゲンといった潤いをキープする働きがある物質が、年をとるにつれて少なくなることが原因で、素肌に弾力性が無くなってくるようです。

眼窩脂肪という脂肪が、年をとるにつれて、だんだん出てくることから膨らんできてしまいます。前に押し出され、外側から見たらかなり脂肪が膨らんだみたいなたるみが生じます。

強い紫外線は、目の周りの肌の組織に存在する繊維芽細胞という細胞に悪影響を与えてコラーゲンやエラスチンなど肌のキメを整えてハリをだす物質に影響を及ぼします。
コラーゲンやエラスチンといった生成量が減少してたるみが発生する原因に変化したり、壊す活性酵素が増加して素肌のハリが消え去ってたるみをひきおこしているのです。

パソコンやスマホの画面をかなりの時間見ている人は、まばたきの頻度は著しく少なくなります。まばたきの頻度が減少すると目の周りの筋肉が力を失ってしまうことになりたるみの要因となります。

目元のたるみを解消する方法

目の周辺のエクササイズは、眼球をサポートする眼輪筋を強化することにより目の下のたるみ予防に結び付きます。
エクササイズは簡単で、目を閉じて眉毛だけ上げる⇒まぶたを閉じて眉だけ上げて5秒数えて、眉を元に戻す。この動作を数回繰り返すだけです。

これ以外に、強い紫外線を避け日傘や日焼け止めクリームを利用して目元を保護することに注意しましょう。コラーゲン量を増加させることにより、眼輪筋の老化と目の下の素肌から弾力性が奪われて凹んでくることを避けることができます。
低分子のコラーゲンのサプリメントとかコラーゲンを多量に含有されている食べ物を意識的に食べるようにしてください。