顏にポツポツ何かできてると思ったら、イボだったなんてことありませんか?顏にイボができるのは、老人ばかりではありません。
特に目元あたりにイボができると、老けて見られるので要注意です。イボが顔にできる原因と予防法を紹介します。

顏にイボができる原因とは

顔にできるイボについては、複数の種類がありますが、イボが発生する原因はヒトパピローマウィルスまたは老化現象になります。

尋常性疣贅というイボは、ヒトパピローマウイルスが要因となって発症します。擦り傷などといった外側からの物理的な攻撃で生まれたダメージから、ウイルスが皮膚内に入り込んでしまう事により発症します。
放置しておいても増殖していきます。自然治癒はしないのですぐに医療機関に足を運ぶようにしてください。

扁平疣贅というイボは、尋常性疣贅と同じヒトパピローマウイルスが要因となって発症します。年が若い女性や青年期にできがちでまとめて数多くできるイボになります。
赤みやかゆみなどの炎症反応が生じるケースが見受けられ、ニキビと勘違いをしやすいイボになります。かゆみを感じ始めるとに2週間程で回復していきます。

老人性疣贅というイボは、老化現象による皮膚の老化がきっかけとなって発症します。健康上害が見られるものとは異なるので、無理矢理取り除くことは不要です。
茶褐色や黒色というような濃い色がポイントでその大きさからイボと考えられることが視覚的からしても想像しやすいです。

顏にイボができた時の治療法とは

レーザーを利用してイボを取り去るといった治療方法があります。炭酸ガスレーザーというのは痛みが生じることもないのです。
イボの細胞に直接的に照準し規模の小さい範囲内で実施されることで、色素沈着も発症しづらい治療方法と言えます。レーザー治療については大半が保険適用外になると思います。

液体窒素を使ってイボを取り去るという治療方法があります。-200度レベルの液体窒素をイボに当てて、皮膚の組織を駆除させてイボを取り除く方法です。
保険が適用できることから何よりも人気のイボ治療方法になっています。
ただし、激しい痛みや色素沈着とか除去した後が残ってしまうことから、それほどオススメできません。

ヨクイニンという、ハトムギの実から生まれた成分を塗ることによってイボを取り除く治療方法があります。
ヨクイニンというのは、肌のターンオーバーを活発化させる作用もあることから、美肌効果にも抜群で皮膚に溜まった不要な成分を取り除く効き目があることから、イボに効果的であると言われています。