メイクをして鏡をよく見たら、顔中に小ジワが目立つなんて経験ありませんか?小ジワってちゃんとケアしないと、シワになってしまい手遅れになることも多いんです。
今回は、小ジワができる原因と気になる時の対策を紹介します。

小ジワができる原因とは

素肌の水分不足で肌のハリや弾力性さえも無くなってゆくことから小ジワができてしまうのです。一言でいうと素肌の乾燥がきっかけだということです。
角質細胞が水分を失って表皮のバリアの働きを達成でき無くなると小ジワが現れるのです。

老化と共に肌の潤いは減少していくことがほとんどです。皮膚深部のコラーゲンといった弾性線維の配列は不均一になって、小シワのきっかけになります。

強い紫外線を浴びると5年~10年のちに素肌に重大なダメージとなって出現する中に小ジワが挙げられます。紫外線は素肌の表面に限らず、肌内部にあるコラーゲンとか、エラスチンに悪影響をもたらしてしまうのです。
20代までに受けた強い紫外線ダメージによって、5年~10年後に小ジワという形で表層に出現します。

小ジワが気になる時の対策

小ジワを防ぐためには、角質層の水分保持機能を改善するように気をつければ解決できます。乾燥対策については角質細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)をカバーし、修復する成分が入った保湿化粧品をセレクトしてください。
化粧水で水分を十分に補充して、美容液によって水分を保ち、 加えて水分が蒸散することがないように乳液とかクリームなどを利用して補ってみることをお薦めします。
シートマスクは何時間も顔に当てているうちにシート表面の水気がなくなってしまい、肌の潤いを奪ってしまうことから時間を順守して使用することをお勧めします。

お肌の乾燥は、小ジワが出来がちになるだけでなく深刻化させてしまいます。お肌に負荷が掛からない洗顔を意識して、きちんと水分を与えてお手入れすることが不可欠です。
保湿成分のセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンというものをバランス良く利用しましょう。
夏の冷房の中では、お肌の保湿力が低くなってしまいます。メイクの上からも保湿可能なミストタイプの化粧水を利用しいつでもお肌に潤いを与えましょう。

睡眠・ストレス・食生活の乱れなどは小ジワの原因になるので常に規則正しい生活を心かけることが大切です。睡眠不足はホルモンバランスが乱されお肌のターンオーバーに異常をきたしてしまい、肌トラブルとか小ジワができてしまうことになります。
素肌は眠っている間に健全になり構築されるということから、しかっりと睡眠時間を確保しましょう。ストレスを抱えていると、活性酸素が増加してお肌が酸化してヒアルロン酸とかコラーゲン、エラスチンの活動が衰えお肌のハリがなくなり小ジワとなります。
ストレスは、気分転換や睡眠・食生活の改善により、解消されることが大半です。
お肌に効果的な食べ物はビタミン類と言えます。抗酸化作用が高いビタミン類が含まれる、食べ物は小ジワを予防します。