顏のタルミは、オバサン認定されてしまう一番の要因ですよね。できることなら、ハリのある肌をキープしてタルミの無い顏でいたいものです。
でも、30代を過ぎると徐々にタルミが目立つ年齢になってきます。今回は、女性の天敵、顏のタルミの原因と予防や改善方法を紹介します。

顏のタルミの原因とは

お肌の弾力性が衰えることで、顔のたるみを引き起こします。お肌のハリを支えるコラーゲンとかエラスチンの形が変化して、お肌の弾力性が無くなってしまいます。
お肌は重力には逆らえず下がり顔つきがたるんで見えるようになっていきます。毎日の暮らしの中で、強い紫外線や乾燥、睡眠不足とか食生活によってもお肌のハリはなくなる心配があるのです。

乾燥したお肌の内側は、角質層の水分保持力が減少した環境下でお肌の内側の水分が消失し、たるみができてしまいます。

年を取るにつれて顔の筋肉も劣化し40代を越えてしまうと、生まれた時に比べて真皮のヒアルロン酸量の約50%前後になってしまいうのです。
筋肉の弱まりや、脂肪が減ることから皮膚や皮下脂肪をサポートしきれなくなりお肌の弾力性さえ失われてしまうのです。

顏のタルミの予防と改善方法

紫外線対策で顔のたるみの予防をした方が良いでしょう。 強い紫外線を除けるおかげで、活性酸素の発生を抑え、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸というものを構成する繊維芽細胞を保護する事が可能になります。
お肌の弾力性が失わることを防止することによって顔のたるみが起こる原因を抑えられます。

活性酸素が要因となってお肌がたるむのを防止するうえでも、抗酸化物質をカラダの摂り込む事が重要です。抗酸化作用があるビタミンとかポリフェノールなどを含む緑黄色野菜と果物などバランスの良い食べ物をとるようにすると良いいでしょう。

顔のたるみを予防をするためには、表情筋や深層筋を鍛えることが欠かせません。ほうれい線が目立つ背景にあるのは、顔の筋肉の老化だと言えます。
顔や頭皮が緊張状態になってしまいますと顔つきも固まって、顔のたるみのきっかけとなってしまうことになります。
年をとるにつれて顔の筋肉は劣化していくわけですが、日頃から笑ったり、口をしっかり動かしてしゃべるなど顔の筋肉に気を配って生活を送っていくようにすれば、顔の筋力は向上します。