なんだか髪のボリュームが減ってきたって悩んでいる女性が最近増えましたよね。
昔は、薄毛といけば男性の話でしたが、生活環境の変化やストレスなどで女性の髪のボリュームも危機に直面しています。今回は、髪のボリュームが減ってきたときに注意したいポイントを紹介します。

髪のボリュームが減る原因

女性の髪のボリュームが少なくなる背景にあるのは、加齢現象が原因の薄毛やストレスであったり生活スタイルなどいくつもの要因を挙げられます。
では、どのような状況から、髪のボリュームが減っていくのか見ていきましょう。

加齢現象によって女性ホルモンの減少が要因として挙げられます。女性ホルモンのピーク時期は30代半ばまでで、30代の後半については急激に減少していくというわけです。
30代については女性ホルモンの量に変化が発生しやすいタイミングです。女性ホルモンのバランスを崩したりすることにより髪の毛が細くなったりハリやコシが無くなるなど変化を見せることから、薄毛になるケースがあります。
また、妊娠中に減っていたエストロゲンは分娩が終了すると急増するのでホルモンバランスが正常でなくなります。

睡眠不足や喫煙・度を越したダイエット・飲酒といった生活習慣の悪化は、髪のボリュームに悪影響が出ることになります。健康に良くない日々の生活は血の流れを悪化させ頭皮や髪に栄養が行きわたらなくなって、薄毛になってしまうわけです。
慢性的な睡眠不足も好ましくありません。

ストレスというのはホルモンバランスとか自律神経のバランスが悪くなってしまうので、ため込むと、頭皮だったり毛母細胞に対する栄養供給にトラブルが出ることになります。
ストレスに基づいて、頭皮の状態であったり血行が悪化することから髪のボリュームが減ってしまうなど、これまで以上に抜け毛といった症状が現れる可能性もあります。

誤った形でのシャンプーとかブラッシングやドライヤーについては髪へのダイレクトなダメージを与えてしまうのです。ダメージのせいで髪のキューティクルが剥がれてしまうことで、髪がパサついたり抜毛とか切れ毛を引き起こしてしまうのです。
また、ヘアカラーやパーマも低品質の商品は、頭皮や毛根を傷つけて薄毛が生じる原因につながります。

髪のボリュームを増やすには

何と言っても髪の発育に欠かせない亜鉛・たんぱく質・イソフラボンが含まれている食べ物を多少無理してでも取り十分に睡眠を取リたいものです。上手に気持ちを切り替えてストレスを溜めないようにして免疫力をアップさせましょう。
そして、喫煙はやめ、アルコールも控えめにして、活性酸素を増やさない生活を送りましょう。

頭皮を健康的にする事で抜毛を抑えいきます。低刺激なスカルプシャンプーを利用したり、シャンプーしながら頭皮をマッサージしたりと規則正しいヘアケアが必要不可欠です。