顏にシミができて隠しきれないって人も多いと思いますが、日焼けや年齢を重ねるとどんどん悪化しますよね。
出来ることなら10代に戻って、シミが出来ないような生活をしっかり送りたいって人もいるのではないでしょうか?今回は、顏のシミが出来る原因や、シミをケアする方法を紹介します。

シミができる原因とは

シミの圧倒的な要因は紫外線が理由と考えられています。紫外線などといったストレスを度を越えて浴びせられると、メラニン色素が必要以上に作り出され、メラノサイトも同時に活性化してしまうことになり、メラニン色素の生産が促されて色素沈着が発生します。
メラノサイトが活性化してしまう原因を見てみましょう。

強い紫外線が素肌に触れるとシミが発生する原因につながります。強い紫外線が入り込んでくることで、、細胞を防御する作用で、メラノサイトに刺激を与えてメラニン色素を生み出す物質が活性化していきます。
お肌が元気な状況の中である場合はこれらのシミはターンオーバーによって剥がれ落ちます。
皮膚細胞に変異が生じることで、、メラノサイトは活性化した状態に見舞われてしまって、色素沈着をおこしてシミが現れます。

ニキビ跡や肝斑については炎症が原因の色素沈着のためにシミになってしまうのです。
炎症が原因のダメージを改善する影響で、新しい細胞を作り出そうとする作用が活発化しメラノサイトも含め活性化してしまうことになり、メラニン色素の生産が促されて色素沈着を引き起こします。

ストレスや疲労・睡眠不足でホルモンバランスがアンバランスになるとメラノサイトを刺激するホルモンの分泌が活発化し、シミが発生する原因となってしまいます。
妊娠中はメラノサイトを促す作用があることにより、メラニンを増殖させると考えられています。

不健康な食事やストレスが原因となってカラダの中で活性酸素が発生しメラノサイトが分泌された上で、メラニンが生産されシミが現れる原因につながります。

シミを予防するにはどうすればいいの?

シミの予防と修復については、なんといっても紫外線対策を取ることこそが必要不可欠です。強い紫外線のダメージは歳月にしたがってジワジワ進行しいくのです。
日焼け止めを日々塗るということを日々の習慣にしてください。UVカット効果が見込める日中用乳液やCCクリームを使用すると何かと便利です。
日焼け止めはSPF50だから万全って考えている人は気をつける必要があります。塗り直しと適量用いるということをするようにしましょう。

日頃の生活が不規則な人や、食生活の乱れというのはホルモンバランスが異常をきたし活性酸素の増殖と、ターンオーバーが正常でなくなりシミの数が増える引き金になります。
ジャンクフードは控えて、緑黄野菜を摂取してビタミンC補給してみることをお薦めします。
サプリメントならカラダ中で消耗されることが多いビタミンCと、その効果をサポートするビタミンEを組み合わせて服用するケースが効果を発揮します。