ワキガの臭いというのは、なかなか自分自身では気がつかないことが大半です。
ワキガというもの特有な臭いなので、、周辺の第三者はスグに気が付くケースがほとんどですが、自分では気付いていない傾向にあります。ワキガの臭いの性質や、自分自身で簡単にできるセルフチェックの方法を紹介します。

ワキガの原因とは

ワキガの一番の要因は、アポクリン腺から出る汗だと言えます。アポクリン腺より産み出される汗が持ち合わせている脂肪酸といった成分が肌の細菌繁殖などによって分解されると独特な臭いが生じると考えられています。

ワキガ臭のほか体臭といった系のものには、細菌が影響を与えていると考えられます。
汗というものは臭いがありませんが、アポクリン腺の汗に留まる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が肌表面にある菌によって分解されることから、鼻がツンとする特有なにおいが生じるということなのです。

ワキ毛は汗を止める働きをもつことにより、ワキの下の湿度が上昇するとその部分に滞った汗には細菌が増殖して、におい物質が増えてしまいます。
アポクリン腺はワキ部分の他に耳の穴とか陰部等においても存在しますが、濃い体毛が生えている部分に限定されるという性質があります。

ワキガをセルフチェックしてみよう

ワキガ体質かそうでないのかをセルフチェックで把握することが可能です。あくまでも判断基準として考慮し、もし条件を満たす部分がたくさんある場合は医療機関で適正な検査をうけた方がいいでしょう。

耳垢が湿っているとワキガの傾向があると考えられます。耳の中にワキガの原因であるアポクリン腺が多くあることが理由です。
反対に耳垢が乾燥している人でワキガの方はおりません。

服のワキ部分に黄ばみが見られるケースだと、ワキガとなる傾向が強くなると言えます。黄ばみはアポクリン腺から出る汗に含まれた色々な成分が原因のものだと言われています。
アポクリン腺が僅かで、ワキガ体質とは違った方の服については黄ばまないと考えられているようです。

ワキ汗が出るケースでは、ワキのアポクリン腺がたくさんある可能性が高いです。時期とは無関係に、粘り気のあるアポクリン腺の汗が毎回分泌しているというのがワキガということです。

親がワキガのケースではワキガの割合が高くくなりるのです。ワキガは遺伝すると考えられていますので、家族にワキガの方がいるのであればは、自分自身がワキガというケースも調べたほうがいいでしょう。

ワキ毛がたくさんある方は、アポクリン汗腺もかなり増えるの可能性が高いといわれています。ワキ毛だけに限らず体毛が濃い人も気をつける必要があります。
女の方については、毛が太く濃い人になるとアポクリン腺が数多く、ワキガ体質傾向が高いと言われています。